女性の脚
  • ホーム
  • 雑菌感染の亀頭包皮炎には抗真菌のクリームを

雑菌感染の亀頭包皮炎には抗真菌のクリームを

女性の脚とバラの花

包茎などが原因で雑菌が溜まりやすくなり、亀頭や包皮にカンジダや淋菌黄色ブドウ球菌などに感染すると亀頭包皮炎になります。
この亀頭包皮炎は手淫後や性交渉後に小さな傷ができる事で感染が起こるようなる病気で、雑菌感染の場合は包皮が赤く腫れあがり、かゆみや痛みなどの症状が発生します。
カンジダが原因の場合は亀頭から包皮までが赤くなって白いカスがたまりやすくなります。
細菌性の亀頭包皮炎は亀頭の洗いすぎや下着とこすれたり性交渉などによってできた傷に細菌が侵入して発生します。
皮膚の腫れや痛みが発生するので、炎症の状態が酷いようであれば、抗生物質を飲み薬で投与し、塗り薬でも抗生物質を塗布します。
カンジダ性の亀頭包皮炎も細菌性と同じ原因で発生します。
カンジダはカビの一種なので、亀頭や包皮で増殖する事で症状がひどくなります。
性交渉の相手が膣カンジダ症を発症している場合感染しやすくなります。

カンジダ性の症状には抗真菌剤の軟膏を使用します。
亀頭や包皮は粘膜が敏感になっているため、刺激が強いクリームよりも刺激の少ない軟膏を利用することが多いです。
このように亀頭包皮炎は雑菌感染のものとカンジダが原因の物と両方の混合型に分けられ、それぞれ対応策が変わってきます。
雑菌である黄色ブドウ球菌などが原因で発生した包皮炎には抗生物質である軟膏を使用しますが、症状がひどい場合は抗生物質を内服薬で摂取します。

カンジダ原因での亀頭包皮炎の場合は抗真菌剤のクリームであるニゾラールクリームを使用します。
皮膚に存在しない細胞に対し効果を発揮するため副作用は少ないとされています。
ニゾラールクリームは病院で処方してもらうか海外から個人輸入することで入手することができます。
難しいのではと身構えてしまうかもしれませんが日本語で運用されているサイトもあります。
広い範囲に塗布すると真菌の増殖を防ぐことができ、ニゾラールクリームは通販購入がお得なため通販でまとめ買いするのもいいかもしれません。
しかし偽物を送り付けてくる通販サイトもあるため注意が必要です。
雑菌かカンジダがはっきりしない混合型の場合は抗生物質と抗真菌剤のクリームを混ぜて使用する事があります。
亀頭包皮炎の予防として清潔にすることは重要ですが石鹸などで洗いすぎると傷になり感染経路になってしまうためほどほどにしておきましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ