女性の脚
  • ホーム
  • 酢の原液では水虫は治らないので抗真菌薬を用いる

酢の原液では水虫は治らないので抗真菌薬を用いる

脚にクリームを塗る女性

これで水虫が完治すると言われている療法の中に、酢を使うものがあります。
昔から酢には殺菌効果があることが知られていますので、これを使えば水虫の菌もやっつけられるというわけです。
有効だと言われているものの種類としては、木酢液、竹酢などがあります。
木酢液というのは、炭を作る時に出るものです。
水虫の悩みはかゆみと、皮ふがポロポロ取れてくることです。
そこで、酢をつけてみるとその時はいったんかゆみがとれるかもしれませんし、表面上の菌がある程度はなくすことができるかもしれません。

しかし、水虫というのは真菌というカビで、抗真菌薬でないとこれを根治することはできません。
抗真菌というわけでもない液を塗っても根本的な治療にはなりません。
また、たとえ表面上の効果があったとしても、水虫菌というのは皮ふの奥深く入り込んでもいますので、あくまで一時的な改善にすぎません。
またすぐにかゆみがぶり返してしまいます。
効果があるのはやはり抗真菌薬ですので、それを用いて治療していくべきです。

中には、さらに効果を上げようとして、酢の原液に足をつけたりする場合があります。
上記のようにそもそもの抗真菌効果はないので原液であっても一緒です。
そもそも皮がむけたりしていて足の裏にはキズがあるので原液に足をつけたりしては、水虫以外の他の疾患になってしまわないとも限りません。
水虫は長い期間治療薬を塗らなくては治りません。
水虫には抗真菌薬での治療が大事です。