女性の脚
  • ホーム
  • 通販で選ぶ抗真菌薬について

通販で選ぶ抗真菌薬について

細菌よりも大きくて高等な生物を真菌と呼びます。
簡単にいうとカビのことなのですが、病気でいうと白癬菌いわゆる水虫やガンジダを指します。
これらの病気は皮膚真菌症の原因となり、カビが皮膚に感染したり、寄生したりして起こります。
人に病気を起こさせるカビは100種類以上あるといわれていますが、感染した部位によって症状が様々です。
真菌を吸い込むことによって肺や脳にも問題が起こりえます。
真菌症としては培養や生検が困難な場合が多く、原因が特定しづらいことも治療が困難になる理由となっています。

通販では抗真菌剤としてカビの細胞膜の合成を阻害することで症状を改善させる薬が販売されています。
軟膏や外用薬、内服薬としての販売もされており、皮膚や爪の中にすばやく浸透していきます。
脂漏性皮膚炎には抗真菌剤入りのシャンプーも発売されており、かゆみや湿疹、頭のかゆみ、ふけやかさぶたの発生といった症状を緩和してくれます。
抗真菌は表在性と深在性に分かれており、表在性が皮膚に現れるものです。

この原因は白癬菌と呼ばれる常在菌で、免疫力が低下したときなどに現れることがわかっています。
白癬菌の主な構成成分がエルゴステロールで、細胞膜がコレステロールであることから、エルゴステロールの生成過程を阻害する薬で治療することになります。
白癬菌は皮膚のケラチンを溶かして、それを食べることで増殖しますから、ケラチンが多く含まれる皮膚に発症するのです。
通販では抗真菌の薬としてクリーム、スプレー、外用薬があります。
最もよく利用されているのはクリームでお風呂上りに皮膚が柔らかくなった時に塗ると肌の保護機能を高めることになりますし、保湿にもつながります。