女性の脚
  • ホーム
  • 抗真菌薬のルリコナゾールにスプレーはないの?

抗真菌薬のルリコナゾールにスプレーはないの?

ルリコナゾールはアゾール系の中のイミダゾール系抗真菌薬で、刺激性が少なく効き目が良いことから皮膚真菌症の治療に多く用いられる治療薬です。
主に水虫の原因となる白癬菌、その他にカンジダ、癜風などの真菌に対して効果を示し、即効性に優れるという特徴があります。
真菌とはカビの仲間を専門的に呼ぶ名称で、ウイルスや細菌とは異なる性質を持つことから、真菌による感染症には抗真菌薬でないと効果が現れません。
また、抗真菌薬には「真菌の増殖を抑えるもの」と「真菌を殺すもの」の2種類が存在しますが、イミダゾール系のルリコナゾールは作用機序から後者にあたります。
そのため、水虫の治療などに用いた場合は、しっかりと治療することで完治することが可能です。

医師の処方薬なので、ドラッグストアなどでは市販されておらず、病院で診断を受けてから購入が可能となります。
用意されているのは軟膏、クリーム、液剤の3種類でスプレータイプは存在せず、皮膚真菌症の症状によって使い分けられます。
スプレータイプは患部に触れることなく広範囲に塗布することができますが、使用量が増えたり的確に塗るのが難しいので、基本的に医師の処方薬で使用されることはありません。
また、しっかりと塗りこむことができないので、皮膚から浸透して角質内部の真菌に成分が到達できない可能性もあるため、水虫の治療にスプレーを使用しても効果が薄いことが多々あります。

そうしたデメリットの点から、市販される水虫用の治療薬にはスプレーが多いですが、ルリコナゾールにはスプレーが存在しません。
ちなみに、軟膏はクリームよりも刺激が少ないので敏感肌の人に適しており、液剤は浸透性が良いので角質化した水虫に対して使用されます。
クリームはデメリットが少なく塗りやすいので、特に理由がない限りはこちらを使うことになります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ